アラン『幸福論』を読んだ

アラン『幸福論』

 

今月に入ってから、何度も何度も読んでる

『幸福論』は、哲学者アランがおよそ100年前、新聞に毎日書いていた哲学断章(プロポ)をまとめたもの。哲学断章といっても、専門用語はいっさい出てこない。今でいうならエッセイみたいな。だから仰々しい『幸福論』というタイトルに身構えて本を開くと、読みやすい文章におどろきます。

しかも、1章につき3,4ページという短さ。それが93章。どこでも気軽に読める。

 

幸福は意志、不幸は気分

ささいなことで感情が高ぶったり、小さな失敗をおおげさにとらえてその日はずっと憂鬱だったり。そういう不幸はすべて、気分のせいなんです。気分に流されっぱなしだと、そりゃあ落ち込むし楽しくない。アランは、シンプルかつ明快なことばでスパッと言い切ります。

 

悲しみはけっして高貴なものでもなければ、美しいものでも有益なものでもないと考えることから始めよう p196

 

ほんとうを言えば、上機嫌など存在しないのだ。気分というのは、正確に言えば、いつも悪いものなのだ。だから、幸福とはすべて、意志と自己克服とによるものである p314

 

礼儀、ほほえみ、上機嫌

プロポの中には、具体的な例を挙げているものもいくつか。

礼儀、ほほえみ、上機嫌など。 

 

礼儀を大事にしている人。

だれに対してもほほえみを心がけている人。

細かいことは気にせずたいてい上機嫌な人。

そんな身近な人を思い出してみると、たしかに幸せそうだし、意志がある。良い意味で目立つし、魅力がある。

 

 

読みづらいと感じることもある

慣れるまでは、アランの文章は少し読みづらい。

専門用語はなく、日常的なことばを使っているけれど、文章の流れが把握しづらい部分がある。

そういうときは、なんとなく気になった章を何度かくりかえし読むと、見えてくる。見えてきたとき、「ほぉ!」と納得する。それが楽しい。

アランの言っているわかりやすい一文を抜き出して箇条書きにしたら、本1冊成り立つけれど、1章ずつ1章ずつ、まるごとわかるまで読む楽しみもこの本の醍醐味。

 

実はこの『幸福論』、学生時代に読んだときは、まったく入ってこなかった。

それだけ気分や情念にどっぷりと浸かっていて、幸福を意志してなかったんだろうな。

アランの言うことに深く納得できる人になれて良かった。

東京駅で大人気!カファレルのジャンドゥーヤは缶もかわいい

f:id:tangesaya:20170424145622j:plain

カファレル

ヒルナンデス!で「東京駅みやげベスト10」にランクインしてました。

ランキングに入っていたのはジャンドゥーヤチョコパイ。

さくさくの生地に、とろける濃厚ジャンドゥーヤ。

 

そもそもジャンドゥーヤを発明したのが、カファレルなんだって。

それが1865年のことで、もう150年以上の歴史があるという…!

ヘーゼルナッツとカカオのうまみ。たまに無性に食べたくなる。

 

「カファレルって初耳~」なんて方も、このテントウ虫見たことありませんか?

f:id:tangesaya:20170424150259j:plain

 

 

そんなことより缶がかわいい

f:id:tangesaya:20170424145626j:plain

カファレルの代名詞であるジャンドゥーヤ。

缶入りだとスカイブルーとイエローの2種類。

スカイブルーはビターチョコ。イエローはミルクチョコ。

 

ジャンドゥーヤだけじゃなくて種類も豊富!

オンラインショップを見ていると目移りして、缶好きにはたまりません。

ひときわ心奪われたのは、このキャンディストロベリー。

かっわ/////

f:id:tangesaya:20170424150835j:plain

 楽天市場でチェックするなら↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【Caffarel カファレル】 キャンディストロベリー
価格:713円(税込、送料別) (2017/4/24時点)


 

 

楽天市場のカファレルショップサイトはコチラ

完全教祖マニュアル/架神恭介 辰巳一世

これを読めば、誰でも教祖になれる☆

と、再三言ってくれるユーモア抜群の一冊。

面白かった~

本屋をうろつきながらいくつか気になる本を手に取り、刺激的かつ為になりそうだったこの一冊を購入。選んで正解でした。正解者に拍手!

 

タイトルの通り、教祖になるためのマニュアルという体裁。

読んでると、変に高ぶる。

 

教祖の成立要件は以下の二要素です。つまり、「なにか言う人」「それを信じる人」。そう、たったのふたつだけなのです。この時、「なにか言う人」が教祖となり、「それを信じる人」が信者となるわけです。

 

夫の発言を信じる従順な妻。

羽生結弦のコメントを信じる追っかけおばさん。

ヨドバシカメラ店員の発言を信じるカメラ好き。

同じ構図。

 

宗教で大切なことは、それが正しいことかどうかではなく、人をハッピーにできるかどうかです。

 

だから、

人々をハッピーにするための思想や実践内容について、たくさん書かれてます。

 

日本人の無信仰者も「なんとなく霊的なもの」は感じています。ですが、彼らにはその「霊的な感じ」をどう表現すれば良いのか分かりません。宗教的知識がないために、それを語るボキャブラリーがないからです。ですから、そういった人にピンと来る言葉や概念を与えてあげれば「ああ、オレが今まで感じてたのはそういうことだったのか!」となるわけですね。

 

最近、ずっともやもやと考えていた不安をとある本が論理的に説明しているのを読み、「ああ、私が今まで感じていたのはそういうことだったのか!」となった。霊的なものとは関係ないけど、そういう体験をすると、その本の著者を信頼するよね。

 

人間は良いことをする時にも悪いことをする時にも、とにかく「理由」が必要だからです。「理由」のない行為はなんだか気持ち悪くって、たとえ善行でもやりたくないのです。私たちが無償のボランティアに抱くある種の気持ち悪さもこれに依るものでしょう。ですが、これが宗教ならどうでしょうか?宗教なら「教義」により、その「理由」を用意することができ、人々に素直な善行をさせることができるのです。

 

宗教は人々の不安や居心地の悪さに言葉(理由)を与え、行動を変化させ、合理的にハッピーにしてあげること、か。

 

『完全教祖マニュアル』はこんな本

  • 高度なユーモアのおかげで変に高ぶる。
  • 宗教について無知な人のための入門書。
  • 宗教の本質的なことを垣間見ることができる。

 

とにかくユニーク。面白かったです!