読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

価値観をゆるめよう【 持たない幸福論 】

 pha/持たない幸福論

 

最近、仕事と家の往復しかしてない…

 

仕事をこなすことで精いっぱい。生活がテキトーになってる…

 

休日はだらだら過ごしているうちに終わる… 

 

ふと、自分が何のために生きているのかさっぱりわからなくなる…

 

そんなあなたの心を軽くする一冊。

 今回の紹介本は、

【 持たない幸福論 】です。

 

プロニートとはなんぞ?

phaさんは、プロニートと呼ばれて久しい有名な方。

ツイッターフォロワー数は2万越え。

twitter.com

pha.hateblo.jp

 

どうやって収入を得てるの?

本書によると、

ブログを書いたりサイトを作ったりとか、古本やデジタル機器を安く手に入れてネットで売ったりとか、ときどき文章を書いて原稿料をもらったりとか、そんな感じでなんとかしのいでいる

とのこと。ちなみに本書は、2015年出版。

今は、phaさんの生き方や考え方そのものが価値になっていると思う。

 

わたしが派遣社員として働いていたとき、本書にとっても救われました。

グチャグチャだった頭の中を、ふわふわ~っと解いてくれた。

 

phaさんの主張

f:id:tangesaya:20170330104815j:plain

働きたくない

・週5で働くことがしんどい。長時間人と同じ空間にいることがしんどい。行動を制限されていることに耐えられない。理由はそれぞれあるとして、そこまでしんどいなら、毎日働かなくても良いんじゃない?

 

家族を作らない

・家族にしばられ、苦しんでいる人も少なくない。「結婚しなければならない」「出産しなければならない」ほんとうにそうか?その常識って、ひと世代前の常識じゃない?家族は、作りたい人が作ればいい。

 

お金に縛られない

・自分に合わない環境で生じるストレスで心をすり減らすよりも、少ない収入で自分の生活をコントロールできる環境を選んだphaさん。お金がなくても楽しめることはいくらでもある。インターネット、散歩、読書などなど。

 

居場所をつくる

・どんな立場であっても、居場所がないと人は孤立する。仕事なし、お金なし、家族なしであっても、居場所があれば生きていける。流されてここまできた、これからもそうだろうみたいなスタンスってスマートに見えるけど、今がつらい人は自分の居場所について考えてみるもの良いと思う。居場所は選べる。居場所は作れる。

 

“新しい”価値観

phaさんは、「体力がない」とか「だるい」とよく言ってる。

その感じが文章にも表れていて、読者に主張を強要することがない。

「僕はこうやってとりあえず生きているけど、君は君で好きにしたらいいよ」という感じ。とてもラクになる。

 

「新しい」という言葉には、キラキラしたイメージがつきまとう。でも「新しい」にもいろいろあって。

phaさんのように「どうしたって週5で働くのはムリゲー。だってそれだと生きている気がしないし」という極端な性質があるからこそ、おのずと新しい価値観を持ち、新しい働き方になる。そんな、キラキライメージを強制しない“新しい”価値観に居心地の良さを感じます。

 

つまり!

無理すんな。

なんとなく折り合いつけて、好きに生きろ~

ってこと。

 

そして、phaさんの価値観を受け入れられる人なら、

自分なりの幸福論を見つけられると思う。