折坂悠太『たむけ』【CDレビュー】

たむけ (デジパック仕様)

唯一無二の歌をうたう「折坂悠太」

折坂悠太さんを知ったのは、TBSラジオ伊集院光 深夜の馬鹿力』で『窓』という曲が流れてきたときだった。スタッフの方も伊集院さんも褒めていた。深夜、布団のなかで横になって聞くにはぴったりすぎて、ちょっと泣いた。”今いる場所は暗いけど、扉のすき間からひとすじの光がさしこんでいる”、そんなイメージを喚起させる曲だった。めずらしいくらい気取らない歌声で、歌詞が沁みていく。といっても、1回聴いただけでは掴みきれないところもあり、とにかく気になった。

 

ライブも頻繁にやっていて、着々と表現力を増している。歳が近いから勝手に親近感を持っていて、陰ながら応援してます。

 

 『たむけ』レビュー

新アルバム(といっても2016年9月発売)。

発売当初に買って、いまだによく聴いてる。 

 

:2曲目。個人的な再生回数ナンバーワン。電車のなか、都心の雑踏のなかで聴くと効果あり。過ぎていく風景をちゃんと風景として、ひとつの価値として認識させてくれる。簡単に言うと、『道』がBGMになると風景が画になる。きらいな風景でさえも。

さびしいところ

なんにもないところ

ゆけどゆけども

なんにもないところ

村八分(っていう格好良いバンド)の『草臥れて』のような歌詞だけど、イメージが全然違う。おおらか。3拍子目のバスドラの「ドドッ」がすき。絶妙。PVも良いなあ。


折坂悠太 - 道(MV)

 

犬ふぐり

:3曲目。歌詞がやばい。映画のような、映像の厚みを感じる。緊張感のある一昔前の日本映画を見ているときのよう。 やばい。

犬ふぐり

犬ふぐり

  • 折坂悠太
  • J-Pop
  • ¥250

 

あさま

:6曲目。晴れた日の昼下がりに聴きたくなる。日本の山って良いなぁと思わせてくれる。歌詞が端的で動きがあってすきだ~。日本語が沁みる~。よく伸びる歌声が山まで届きそう。もはや、山に行かなくても山の良さがこの曲で体験できます。  

あさま

あさま

  • 折坂悠太
  • J-Pop
  • ¥250

 

:8曲目。メロディが美しい。映画のエンドロールみたいな美しさ。切実な人が出てくる。1秒も聞き逃せない美しい曲。なにかのタイミングでこの曲に浸透してしまうと、なかなか抜けられない。そして、空に鳥が飛んでいるのを見ると、頭のなかでこの曲が流れるようになってしまった。 

鳥

  • 折坂悠太
  • J-Pop
  • ¥250

 

馬市(独奏)

:PVをよく見てた『馬市』の独奏バージョン。風に揺れる青い芝と、馬のたてがみ。もはや馬が目の前にいなくても馬の良さがこの曲で体験できる。さっきもこんなこと書いた。 

馬市(独奏)

馬市(独奏)

  • 折坂悠太
  • J-Pop
  • ¥250

 全9曲

収録曲は全9曲だけど、特にすきな5曲を紹介しました。

折坂悠太さんの歌はひとことで言うと、のびやか。

心地良い風景。緊張感のある風景。なつかしさと、不思議さ。

日本人の原始的な部分に響く感じ。

とにかく聴いてみてほしい。

PVは『道』の他にもあるから、YouTubeをチェック!

ライブ映像もたくさんあるからチェック!

ライブ映像で私がよく見ているのは、『旋毛からつま先』という曲。かわいいんだ。 

 

Amazonこちら↓↓ 

たむけ (デジパック仕様)

たむけ (デジパック仕様)

 

 

楽天こちら ↓↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【CD】たむけ折坂悠太 [NORO-3]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/4/5時点)