読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKスぺシャル「終わらない人 宮崎駿」を見てちょっと泣く

日記 音楽・映画

f:id:tangesaya:20161118121736j:plain

*1

引退後の2年間を追った、宮崎駿監督のドキュメンタリーを見た。

NHKドキュメンタリー - NHKスペシャル「終わらない人 宮崎駿」

再放送も見た。

なんと、新作の長編案を、鈴木敏夫プロデューサーに、渡してた!

 

わたしの心情

監督自身も危惧していたけれど、途中で心臓が止まってもいいんです。

企画倒れになってもいいんです。

あなたは唯一無二の天才なので、周りの人に迷惑をかけていいんです。

  

とにかく!

長編案、出してくれてありがとうございます!!!

 

・・・

ジブリ作品を何度見ても飽きないのは、気持ちの良い線を描くから。

時代背景がいつであれ、希望の人を描くから。

宮崎駿監督の思う「今の時代が渇望しているもの」を描いているのだとしたら、

本当にうれしい。

というか、そういうものを考案していることは確実だ。

 

 監督は可愛い

このドキュメンタリーの個人的ツボは、監督のクセなのか、

「チャンカチャンカチャンカチャンカ♪」

と口ずさんでいる場面がいくつかあったところ。

可愛い…。

 

 

そして今回一番の名言、

「気がつかないだけで、世界は美しいよ」

 

はぁ。

自分で思っている以上に、ジブリがすきなことがわかった。

 

 

ちなみに、今夜21:00から『猫の恩返し』のテレビ放送あります。

kinro.jointv.jp

これを楽しみに、今日も仕事しよ。