読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017

日記

f:id:tangesaya:20170103162349p:plain

あけましておめでとうございます。

初夢で、ピコ太郎といい感じになってしまいました。

好きな見た目って訳じゃないのになぁ…。

縁起が良いんでしょうか。良いことにしておきます。

2017年も、皆様が平穏無事に、淡々と生きられますように。

 

 

以下、ひとりごと。

 

2017年。

ということは、もうすぐ27歳になってしまう。

27歳って、めちゃ大人だ。

どうしよう。恥ずかしい。こんな大人ダメでしょ。

そういえば今の今まで、24歳の気分でいたわ。

24も25も26も変わらない気がしてたわ。

でも、27歳ってアラサーじゃん。どうしよう。

焦りを覚える数字だ。

 

 

…とりあえず落ち着こう。

と、言いつつも今年はスピード上げていこう。

わたしはめちゃ大人なのだ。

ふぅ。

年末映画祭り!ズーイー・デシャネル出演映画5選

音楽・映画

f:id:tangesaya:20161219104403j:plain

 *1

アメリカの女優、ズーイー・デシャネルにドハマりしていた時期があった。青い瞳かわいいいいい

 

(500)日のサマー』で、主人公が翻弄されちゃうあの女の子だよ!と言えば、わかる人も多いのでは。サマー役で一躍有名になったズーイーですが、ちょいちょい良い映画に出てます。そりゃそうだ、女優だもん。

 

そんなわけで、おすすめの5作品をご紹介。

 

その前に、ズーイー・デシャネルとは

「大人かわいい」の代名詞

f:id:tangesaya:20161219105007j:plain

*2

アメリカのファッションって、クールなものが多い。スキニーデニム、ライダース。色味もダークだったり、逆にビビットだったり。そしてやたらと、薄着。露出多め。

そんな中、ズーイーはレトロガーリーを貫く。基本、ワンピースにタイツ。夏でもタイツ。数年前にランドセルを私服コーデのアイテムとして使っていて、話題になった。試しにGoogleで名前を検索すると、「ズーイー・デシャネル ランドセル」がトップに出る。

 

「大人かわいい」を追求するズーイー。

 

音楽の才能がある

Classics

特筆すべきは、音楽活動をしていること。それがほんとにグッド・ミュージックでビビる。レトロガーリーなファッションもさることながら、曲もオールディーズ/アメリカンポップスが根底に流れてる。シンガー・ソングライターのM・ウォードと2人で「she & him」、絶賛活動中。

2011年にクリスマスアルバムを出していて・・・わっ、今年も出てる!(さっき知った)アルバムを出すたびに歌がうまくなってる。その他、3枚のアルバムもすばらしい。youtubeにもたくさんあるので、聴いてみてください。

 

Christmas Party

Christmas Party

 

 

A Very She & Him Christmas

A Very She & Him Christmas

 

 

さて、本題。

ズーイー・デシャネル出演映画5選

01.(500)日のサマー  

恋を信じる男の子と信じない女の子の、

ビタースウィートな500日ストーリー

サマーに恋をした、

最低で最高の500日。

 

"誰かの所有物になるなんて最悪 私は自分自身でいたいの"

 

(「キネマ旬報社」データベースより)

ズーイー出演度 ★★★

映画おすすめ度 ★★★

まずは、問答無用でこれ。ちょっとひねくれてる文化系女子の役が多いズーイーだけど、見れば納得。主人公が恋するサマーは、ザ・スミス(バンド)がすきで、ビートルズだったらリンゴ・スター派という曲者。

そんなサマーを見て恋したら、年末年始はズーイー・デシャネル祭り決定!翻弄されまくりなトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)に感情移入しつつ、悶え苦しんでください。

 

「え、サマー?ただのビッチじゃん」と思う方には向きません…。

 

友情出演かな?she&himのPVにトムが出てる。

 

02.イエスマン "Yesは人生のパスワード" 

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

イエスマン “YES”は人生のパスワード 特別版 [DVD]

 

もしも、全てに"Yes"と答えたら?

ジム・キャリー最新作

実話に基づく愛と笑いのポジティブ・ストーリー

 

(「Oricon」データベースより)

ズーイー出演度 ★★★

映画おすすめ度 ★★☆

ブコメ。ズーイーらしさ満点。気持ち悪いバンドを組んでいる不思議ちゃん、アリソン役。しかも主演が、ジム・キャリー。強烈なタッグ。細かいことはジム・キャリーに委ねて、何も考えずに観ていられる。内容はあんまりピンとこなかったけど、ズーイーがたくさん出ているからOK。  

 

03.あの頃ペニー・レインと 

たった15歳でローリングストーン誌のライターとしてデビューしたウィリアム。
優等生の彼を変えたのは、ロックと切ない初恋だった。

★第73回アカデミー賞® 受賞脚本賞キャメロン・クロウ
ゴールデン・グローブ賞 受賞作品賞(ミュージカル/コメディ部門)/助演女優賞ケイト・ハドソン
ロサンゼルス映画批評家協会賞 受賞助演女優賞フランシス・マクドーマンド
●ボストン映画批評家協会賞 受賞作品賞/監督賞/脚本賞
●イギリス アカデミー賞 受賞オリジナル脚本賞/音響賞

 

(「Oricon」データベースより)

ズーイー出演度 ★☆☆

映画おすすめ度 ★★★

主人公の姉役。ちょっとしか出てこないけど、映画自体が良いのでおすすめ。主演のケイト・ハドソンとズーイーは、学生時代からの友人だとか。そんな豆知識は置いといて、10代に観るべき映画のひとつ。 

 

04.銀河ヒッチハイクガイド 

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

銀河ヒッチハイク・ガイド [Blu-ray]

 

ダグラス・アダムス原作の伝説的カルトSF小説を、ガース・ジェニングス監督が映画化した奇想天外なSFアドベンチャーコメディ。地球最後の生存者となった男が、宇宙でのサバイバルを指南した「銀河ヒッチハイク・ガイド」を片手に広大な宇宙を巡る。

 

(「キネマ旬報社」データベースより)

ズーイー出演度 ★★☆

映画おすすめ度 ★★☆

原作は、伝説的カルトSF小説。というだけでもう、ズーイーが出演するべき作品。TSUTAYAで借りて観たものの、あまり印象に残ってない…。面白かった気がする。名言があった気もする。気負いなく観られるという意味で、年末年始向き。SF映画デビューとしても良いのでは?ハマったら大変そう、SFって。

 

05.テラビシアにかける橋 

世界24カ国で愛され500万部以上の売上を記録した児童文学を原作としたファンタジードラマ!学校でいじめられ、家でも居場所のない11才のジェスは、絵を描くことが唯一の楽しみだった。ある日、風変わりな女の子レスリーが引っ越してきて、二人はすぐに親友となる。森にツリーハウスを建て、空想の国“テラビシア”で心を解き放つと、諦めそうな夢を信じることができた。しかし、予期せぬ悲劇が二人を襲う…。

 

(「Oricon」データベースより)

ズーイー出演度 ★★☆

映画おすすめ度 ★★★

ファンタジー。原作は、アメリカの児童文学。放課後、男の子と女の子が橋の向こうにある空想世界で遊ぶ。児童文学の鉄板である、現実世界と空想世界の往来。いくつになっても、このテーマに心奪われがち。決して壮大な物語ではなく、とっても素朴。ズーイーは、男の子が憧れている音楽の先生役。音楽とは切っても切れない関係にある、ズーイー。 

 

まとめ

(500)日のサマー

で、ズーイー・デシャネルを知る。

 

イエスマン "Yesは人生のパスワード"

で、不思議ちゃんのドツボにハマる。

 

あの頃ペニー・レインと

で、10代の怒涛の感情を思い出す。

 

銀河ヒッチハイクガイド

で、気楽にSFコメディを体験する。

 

テラビシアにかける橋

で、心を浄化する。

 

年末年始に、ズーイー・デシャネル祭りの提案でした。

それでは皆さま、よいお年を~


VCK | Zooey Deschanel & Joseph Gordon-Levitt | What Are You Doing New Years Eve? | HelloGiggles

全部イヤになったときに読んでいた本

心を軽くする

つまらない。

刺激がない。

職場と家の往復を続ける毎日。

仕事のある日は、あっという間に1日が終わる。充実しているのではなく、惰性だからだ。

休日は、ぼんやりしているうちに終わる。

たまには楽しいこともあるけど、一過性のものだから自分をごまかしているようにしか感じられない。

 

ふと、全部がイヤになる。

自分には大した欲望もないから、いっそ全部放ってしまいたい。

面倒くさいことをグズグズ考えるのも、億劫だ。

  

わたしがそんなときに読んでいた本

 

「持たない幸福論」  

全てに意味がないということは、全てに意味があるのと同じことだ。意味のない全ての中から自分の好きなものに意味を持たせればいい。世界の全てはそういう主観でしかない。 ―――p.69

 

「幸せ」とか「意味」を感じられる手がかりになりそうなものはなんでもいいから利用して、自分がうまく生きられる世界をつくりあげればいい。 ―――p.70

 

不満やむなしさに苛まれる原因は、職場環境、人間関係、コンプレックス、身内の不幸、社会に対する失望など、人によってさまざまある。といっても、原因を掘り起こしてもあまり意味がない。

ここで思い出したいのは、「自分にとって意味のあるもの」について。 

 

それは「意味」と名付ける必要もなかったくらいに身近にあるかもしれない。

衣食住。恋愛。友達。仲間。1人の時間。かわいいもの。植物。風景。音楽。芸術。宗教。なんだって良い。

自分が「意味」を感じられるものがどんなに小さいものであっても、どんなに非現実的であっても、それを見つけられたら大丈夫。

 

そもそも意味なんてない

「~~するべき」「~~せねばならない」という考えで仕事を選ぶから、行き詰まる。現状に閉塞感があるなら、立ち止まってみる。仕事を休んだり辞めたりして、少し考える時間を設けるのも良い。

 

体を壊してまで、心を壊してまで働かなくて良い。

 

自分が窮屈に思うようなラベルに囚われすぎているのかもしれない。

 

そもそも意味なんてない。

ラベルなんてどうでもいい。

日が昇って、日が暮れて、星が輝いて、また朝になる。それだけのこと。

その日々をこねくりまわして意味付けして、難しくしているのは人間。

 

そもそも意味なんてない、意味付けは、自由。好きに解釈すればいい。

 

自分が心地良いと思ったもの、場所、人、「これをしているあいだは、心が落ち着く」。そういうものを思い出す。将来の自分にとって大切なものではなく、今の自分にとって。

 

すべてのものに意味はない。

 

だから、今、意味を感じられるものが、自分が生きている理由になる。

 

 

仕事がつらくて全部がイヤになったとき、phaさんのこの本に救われました。